09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

かけだし鬼女の 今が日本の一大事! ~よければ一緒に凸しよう!~

政治・経済・歴史オンチのかけだしが包丁とPC片手に、目指せ!凸と家事の両立!座右の銘は「国防は台所から」

「正義の解放者」米兵がノルマンディー女性を強姦!日本軍を「追軍売春婦」で糾弾できる国って、あるの? 

「ブログランキング」と「にほんブログ村」に参加しています!
ご来場早々お手数ですが、2種類の応援クリックをお願いします(土下座)

*INポイントでランキングされます*
このブログ直接訪問→バナークリック→人気ブログランキング(にほんブログ村)に跳ぶルートがINポイント。
図々しいですが、お気に入り(ブックマーク)もしくは検索で訪問していただけたら幸いです(再び土下座)



↓ ブログランキングはコチラ ↓


↓ にほんブログ村はコチラ ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*にほんブログ村は一部の携帯に対応していないとのことです。

=====

どーも!
かけだしの携帯を操作していた愚夫に「ば」の予測変換トップが「売春婦」であることを知られ
ドン引きされたものですが、いかがお過ごしですか?

そ れ と い う の も 、ぜ ー ん ぶ っ、
嘘 つ き 朝 鮮 人 売 春 婦 と 朝 日 新 聞 と 福 島 み ず ほ の せ い だ っ、氏 ね っ(激怒)

でもさー!みなさんの携帯も「ば」で「売春婦」出て来るよね?(出てこねー!!!!!!)

日本ばかりが67年前の日本兵が当時合法だった売春婦を買ってたことで批難されてますが!

をい!てめーら、ぜーんぶ自分たちの悪業に返って行くぞ!つうエントリです。

↓ まず「正義の味方」アメリカさまから ↓
「解放者」米兵、ノルマンディー住民にとっては「女性に飢えた荒くれ者」
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2946474/10810152

2013年05月27日 14:38 発信地:ワシントンD.C./米国

第2次世界大戦(World War II)中の仏ノルマンディー上陸作戦に参加した米軍兵士たちは、
フランスをナチスドイツ(Nazi)から解放した勇敢な英雄として描かれてきた。そうした
「若いハンサムな米兵さん」のイメージに隠された負の側面を明らかにした研究書が米国で出版される。

6月に刊行予定の「What Soldiers Do: Sex and the American GI in World War II France
(兵士らは何をしたのか:第2次世界大戦中のフランスにおける性と米兵」は、米ウィスコンシン大学の
メアリー・ルイーズ・ロバーツ教授(歴史学)が米仏で膨大な第2次大戦中の資料を研究してまとめた著作だ。
研究の趣旨についてロバーツ教授は「GI(進駐軍兵士)はたくましい男で、常に正義に基づいて行動するとの
典型的な『GI神話』の偽りを暴き出すことだった」と、AFPに語った。教授によると、米軍では当時
「フランス人に対して優位に立つ」手段として性欲、買春、レイプが取り入れられていたという。

米兵たちは、ノルマンディーの人々から「性のアバンチュール」を求めてやってきた、
セックスに飢えた荒くれ者と見られていた。これは地元ノルマンディーではよく知られていることだが、
一般的な米国人にとっては「大きな驚きだ」とロバーツ教授は述べている。

■「女性を隠せ」街中いたるところで性行為

米メディアがノルマンディー上陸した米兵を、キスをする米兵と若いフランス女性の写真を掲載するなど
ロマンチックな視点で解放者として描いていた間、地元の人々は「問題」に直面していた。
地元には「ドイツ人を見て隠れるのは男たちだったが、米兵の場合は女たちを隠さねばならなかった」
という話が伝わっているという。

米兵たちの放蕩ぶり、不法行為、さらには組織的な人種差別などもあった。
「GIはどこでも所かまわずセックスしていた」とロバーツ教授。

特にルアーブルやシェルブールで米兵たちのマナーの悪さが目立ったという。
米兵たちは、女性を見れば既婚女性でさえ公然とセックスに誘い、公園、爆撃を受けて廃墟と化した
建物、墓地、線路の上など、街中いたるところが性行為の場となった。
しかし、全てが合意のもとで行われたわけではなく、米兵によるレイプの報告も数百件残されている。
ロバーツ教授が調べた資料によれば「セックスをしている男女を見かけずに街を歩くことは不可能」
なほどで、当時のルアーブル市長が米駐留部隊の司令官に改善を求めたと記されていた。
米軍の上官らは兵士たちの行為について公式な非難声明は出したが、改善の努力はしなかったという。

■フランスは「売春宿」口説き文句も紹介――米誌プロパガンダ

ロバーツ教授は、当時の米兵が勇気ある青年たちであり、その勇敢で英雄的な行為が
フランスから感謝されている事実についても忘れずに触れている。一方で、
米軍が未知の国で戦う若者たちを鼓舞する即効策として、
意図的に米兵たちの性欲に訴えかけるプロパガンダを行ったとみられる点も指摘している。

例えば、写真ジャーナリズムの草分けである米誌「ライフ(Life)」は、フランスを
「快楽主義者4000万人が住む巨大な売春宿」と表現した。また、米軍機関紙「星条旗新聞」は、
フランス女性を口説くためのフランス語フレーズを連載。
「きみ、とても可愛いね」「たばこをあげようか」「ご両親は今、家にいるの?」と会話の糸口を紹介していた。

ロバーツ教授は「米兵の性欲は、いったん火が付くと手が付けられなかった」と記している。

さらにロバーツ教授の著書は、当時レイプ事件で訴えられた米兵は、黒人兵士が圧倒的に多かった事実にも
踏み込んでいる。1944年10月の資料によれば米兵強姦事件152件のうち130件で黒人兵が訴えられている。
これについてロバーツ教授は、米軍内の根深い差別を示していると指摘した。
フランス人も、すぐに黒人米兵を指さして非難するようになったという。

■人類の経験として捉え直す

ノルマンディー上陸作戦から約70年たった今、同書を出版する理由についてロバーツ教授は、
歴史を書き換えたいわけではなく「フランス側から見た実態」を明らかにすることによって、
ただの「空虚な英雄譚」にとどまらない「人類の経験の1つ」として
ノルマンディー上陸作戦を捉え直すのが目的だと説明している。
(記事ココまで)
=====

解放するために戦ったから、現地フランス人女性をレイプしてもいいってか(激怒)
アメリカさんはいつもゴリッパですねって、どの口で、日本人の「追軍売春婦」問題を糾弾するんだ(激怒)

>米兵によるレイプの報告も数百件
>米軍の上官らは兵士たちの行為について公式な非難声明は出したが、改善の努力はしなかった

米軍は兵士たちの蛮行を容認し、フランス人女性を見殺しにしたってことでしょ!

「勇敢な世界平和のためのアメリカ軍」そんな虚構でホルホルしてる暇あったら、
とっととアメリカが行う戦争はまいどまいど侵略戦争他ならないって自覚しろゴロア(激怒)

>写真ジャーナリズムの米誌「ライフ」は、フランスを「快楽主義者4000万人が住む巨大な売春宿」と表現

これこそフランス人女性の人権侵害に他なりませんよ!

67年前、日本軍がカネ払って当時合法だった売春婦買ったことで人権人権騒ぐんだったら、
この「ライフ」の表現だって今なお問題視されるべきじゃね?

世界は、そーゆーことを日本に対してやってるんだよ(激怒)

アメリカよ!薄汚いコリアンマネーで嘘つき朝鮮人売春婦問題に肩入れするのは結構だが、
ぜーんぶ!自分たちに返って来るってこと、そろそろお分かりになられた方がよろしいかと。

↓ ロシアもんなこと言ってていいのかよ?? ↓
ロシア外務省 橋下代表の従軍慰安婦発言を非難
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000005944.html

日本人が合法だった売春婦を買ってたことは罪じゃねえ!
↓ 一方、コレ、国際法違反の犯罪もいいとこじゃん(激怒)↓
敦化事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/敦化事件
敦化事件(とんかじけん)とは1945年8月27日に満洲国吉林省敦化(現吉林省延辺朝鮮族自治州敦化市)で
ソ連軍によって連日に渡り集団強姦され続けていた日満パルプ製造(王子製紙子会社)敦化工場の
女性社員や家族が集団自決した事件。日満パルプ事件とも呼称される。

日満パルプ製造敦化工場は、1934年に王子製紙が敦化県城南門外牡丹江左岸(敦化郊外5キロ)に設立した工場。
工場に隣接して設置された社宅地は日本人職員とその家族260人が暮らしていた。
敦化市内には2,000人の関東軍守備隊の駐屯地があり、終戦当時には敦化北部の山地に築城し
ソ連軍の侵攻を食い止めようと備えていた。1945年8月9日未明に突如としてソビエト連邦が満洲国に侵攻し、
敦化に近い東部国境付近では関東軍・満洲国軍がソ連軍と交戦していたが、工場や敦化市内では
満人や朝鮮人の態度も変わることなく治安が保たれたままであった。
8月15日に敗戦を迎えた後も工場の満人や朝鮮人従業員は変わることはなかったが、
敦化市内では満人や朝鮮人の一部による略奪・放火・日本人女性への暴行が行われるようになった。
8月17日、敦化郊外で陣地を築いていた敦化守備隊は工場に資材を取りに来て初めて終戦を知った。
8月19日、ソ連軍が敦化市内に進駐してきたため、敦化守備隊は降伏し武装解除された。
8月22日、ソ連軍は日満パルプ製造敦化工場に進駐、社宅に侵入し1時間以内に社宅の一角の引き渡しを要求。
ソ連兵はすぐホテル・レストランを兼ねたクラブ従業員女性2人を引きずり出しジープで社宅から連れ去った。
数時間後女性がぼろぼろになって帰ってきたが、もう一人は強姦後牡丹江に流され行方不明となった。
8月25日、ソビエト軍は男性全員を集合させ10キロほど離れたところにある飛行場の近くの湿地に連行し、
婦女子は独身寮に集められた。170人ほどの婦女子は15,6人ずつに分けられ監禁されることとなった。
夜になるとソ連兵300人あまりが独身寮に移ってきて、短機関銃乱射の頻度が夜が更けるにつれ増えていった。
女性たちは夜が明けることを祈りながら一晩中恐怖と戦っていた。
8月26日夜明け、酒に酔ったソ連兵たちは短機関銃を空に乱射しながら女性たちが監禁されている各部屋に乱入、
女性たちの顎をつかみ顔を確認しながら、気に入った女性たちを連れて行こうとした。
女性たちは金品を渡したり、許しを懇願したが聞き入れられず、次々に引きずり出されていった。
各部屋からは女性たちの悲痛な叫びが溢れたが、ソ連兵は構うことなく短機関銃を乱射し続けていた。
このため、女性たちは頭を丸坊主にしたり、顔に墨を塗るなどしたが、ソ連兵による強姦は
朝になっても収まることはなく、部屋に乱入すると気に入った女性たちを何度も連行していった。
社宅と塀を隔てた工場に残されていた男性社員たちは、社宅の異変を察知するとソ連兵の監視を掻い潜り
塀を乗り越え社宅に潜入したが、厳重な警戒がしかれている独身寮には近づくことができなかった。
ソ連兵たちは狼藉を続けるうち女性たちの部屋の廊下に監視兵を置くようになったため、
御不浄や食事もままならないようになった。女性たちは自身のおかれている状況や絶え間ない銃声から、
すでに男性社員たちは皆殺しにあったのではないかと考えるようになった。
ソ連兵による女性たちへの昼夜に渡る暴行は8月27日の深夜になっても収まることはなかった。
このため、28人の婦女子が集められていた部屋では自決をするべきか議論がなされるようになった。
議論中もソ連兵の乱入があり、隣室からも女性の悲鳴や「殺して下さい」などの叫び声が聞こえてきたため、
自決することに決した。隠し持っていた青酸カリが配られ全員が自決を図り、23人が死亡、5人が生き残った。
他の部屋ではソ連兵に引きずり出されるときに剃刀で自殺を図った女性もいた。
8月27日早朝、ソ連兵が集団自決を発見し、将校に報告されると各部屋にはソ連兵の見張りが付けられ、
女性たちは外を見ることを禁じられ、遺体はどこかへ運び去られた。
責任を問われることを恐れたソ連軍将校によって、これ以上の暴行は中止されることとなった。

その日のうちに女性たちは男性社員が野宿させられている飛行場のそばの湿地に連行された。
その後、8月末までは湿地や飛行場で待機させられ、シベリアに連行される日本軍部隊から密かに
食料や毛布などを分けてもらうなどしていたが、牡丹江対岸の熊本県開拓団の小学校に遷されると、
毎日のようにソ連軍による略奪が行われ、女性を裸にしてまであらゆるものを奪い去っていった。
一切のものを奪われたため、男性社員たちは労働に出て僅かな賃金を稼ぐことで命をつなぐこととなった。
また、ソ連へ戦利品として工場設備から列車の線路にいたる全てを持ち去る解体作業を昼夜に渡り行わされた。
その後、敦化市内の旧軍人会館に移転させられたが、冬の飢えと寒さと発疹チフスのために87人が死亡した。
(転載ココまで)
=====

↓ 尼港事件だって胸が痛くなる残虐さ(激怒)↓
シベリア派兵は必然だったのに自虐史記載!尼港事件を知ってますか?
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/e29f28fb5743418d11c2255c25a163db

日本人が終戦後それこそ「強制連行され強制労働」させられたことも許し難い(激怒)
なんだろう?ソ連軍の所業は「ノット・イコール・ロシア」として捉えろってこと?
で・も!民族は同じロシア人でしょ(激怒)
終戦後のどさくさで奪った北方領土もそのまま実行支配してるんだ、他人ヅラはゆるさねど(激怒)

強姦された日本人女性にひっそりと堕胎手術を施した
「二日市保養所」の産婦人科部長橋爪医師の報告書によれば、
強姦の加害者は朝鮮人が最も多く、次いでソ連人、中国人、アメリカ人、台湾人、フィリピン人…

一般女性を強姦しないように、合法だった売春婦を買っていた、それを批難する国々に
日本人女性は蹂躙されていた!加害しといて、謝罪も反省も賠償もせず、日本軍を糾弾(激怒)
強姦された、自害した、日本人女性の存在はスルーですかい(激怒)

咎がない日本軍への批難決議や慰安婦像は、
ぜーーーーーーーんぶ、てめーらに返って行くんだよっ、覚えておけっ(激怒)

そうそう、朝鮮人が「ハルモニに謝罪しる!」つうたびに
「ライタイハンライタイハン」心の中で返していたが、
ライタイハン=朝鮮兵が一般ベトナム人をレイプし残した混血児問題も問題視されるべきだが、
レイプされ、そのまま虐殺されたベトナム人も多数いるってこと、忘れちゃいけないっ!!!!!

ベトナム戦争での韓国軍の蛮行
http://www24.atwiki.jp/free_nippon/pages/40.html

●ベトナム戦 24周年にして見た、私たちの恥部, ベトナム戦犯調査委のおぞましい記録
http://www.altasia.org/hangyore/hangyore99256.htm
※これらの記事は、元々韓国の雑誌「ハンギョレ21」誌の記者が自ら取材し、
韓国・ハンギョレ21誌の決定で掲載したものです。(抜粋)

" 女性たちを強姦した後、殺害"韓国軍は残酷な大量虐殺を行ったため、南ベトナム民族解放戦線(NLF)さえ、
できるだけ直接的な交戦は避けようとした程だったと伝えられる. 前線もなく、敵が誰なのかもわからない
ベトナム戦でベトコンの根拠地を捜索、破壊するという名分が老若男女を区別しない虐殺行為を正当化させた。

1965年12月22日、韓国軍作戦兵力2個大隊がビンディンソン、クィニョン市に500余発もの大砲を撃ち込んだ後、
“きれいに殺して、きれいに燃やして、きれいに破壊する”というスローガンの下、 捜索掃討作戦を繰広げた。
彼らはこの村で12歳以下の22人の子供、22人の女性、3名の妊産婦、70歳以上6名の老人を含む、
50余名を超える良民を虐殺した。
"… などは、子供を出産して二日目に銃で射たれて亡くなりました。
彼女の子供は軍靴で踏み潰され、まだ血が流れていたお母さんの胸の上に投げ捨ててありました。
妊娠8ケ月に達していた友人は銃弾が貫通して亡くなり、子宮が外に出ていました。
韓国兵は一歳になる子供を背負っていた娘を射ち殺して、子供の頭を切り取って地面に放り投げ、
あとはいろいろな形に切り出してくぼみに捨てました
彼らはまた、二歳の子供の首を折って殺し、ある子供のからだを持ち上げて、樹に投げつけて殺した後、
焚き火に乗せました。
そして、12歳の私は脚を射たれて倒れ、くぼみに捨てられたのです…"
パンランで別れて二日ぶりにクィニョン市を調査中の‘私と私たち’一行から電話がきた。
“見つけました! 当時調べた、現人民委員会 主席の話です。”1966年 3月19日と20日の二日間にわたった
‘ ベトナム中部各地の戦争犯罪調査会議’で韓国軍の罪悪性 を毎々に明らかにした話だ。
“手にしている、この資料がますます 恐ろしくなりますね。

ひょっとすると、わたしたちはこの資料をもっと補充しなければならないかもしれません。
ビンディンソンを中心にこの資料に紹介された4地域だけでなく、
韓国軍の虐殺現場が他にももっとあるというのです。”

当時の報告によれば、66年1月23日から2月26日までの約一ケ月間、
猛虎隊3個小隊、2個保安大隊、3個民間自衛隊により、
この地域だけで計1200名の住民が虐殺され、そのなかにはひとり残らず抹殺された家族が8世帯もあった。

1535軒の家屋と850万tに達する食料が焼き払われ、649頭に達する水牛が銃弾で死んだり焼き殺された。
捜索掃討作戦は、一次的にじゅうたん爆撃等で作戦地域を公開して韓国軍等の地上軍が現場に投入されて
村に残っている住民たちを即決処分後、家を燃やしてブルドーザー等で村全体を押し潰す方式で展開した。

生存者の韓国軍に関する証言で共通な点は、
無差別機関銃乱射、大量殺戮、妊産婦、女性に対する強姦殺害、家屋への放火などだ。
生存者の証言を土台に韓国軍の良民虐殺方式を整理してみると、いくつかの共通した類型が現れる。

●住民たち(大部分が女性と老人、子供たち)を一ケ所に集めた後、あるいはいくつのグループにまとめて、
機関銃を乱射して抹殺する。
●住民たちを一戸に追い詰めて銃を乱射した後、家と一緒に死亡者も生存者も全部燃やす。
●子供の頭を割ったり首をはね、脚を切ったり四肢を切断して火にほうり込む。
●女性を強姦した後、殺害して、妊産婦の腹を胎児が破れ出るまで軍靴で踏み潰す。
●住民たちを村のトンネルに追い詰めて毒ガスを浴びせて窒息死させる。

韓国軍の大量虐殺が強行された所では、子供たちの口にキャンディやケーキが含まされていた。
老人たちの口にはタバコが咥えられていた場合が多かった。
恐らく、村人を安心させながら一ケ所に集めるための手段だったようだ。
(転載ココまで)
=====

残虐極まりない(激怒)武器も持たない、一般住民を虐殺!
よくもベトナムに碌に謝罪もしないどころか
↓ ベトナム派兵を誇る記念館なぞ建設できたもんだ(激怒)↓
「特亜を斬る」さまの2008年の記事より、基地外テーマパークについて転載させていただきます(激怒)
バ韓国は亡びるべき!恥知らずテーマパークオープン
http://killkorea.iza.ne.jp/blog/entry/766367

ベトナム派兵記念館開場 文化日報10月23日

江原華川郡看東面五音里の昔のベトナム派兵将兵訓練場が復元されて一般に門を開いた。
華川郡は23日昔のベトナム参戦勇士たちの訓練場だった五音里に‘ベトナム参戦勇士出会い場’ 開場式を開いた。
キム江原道知事と宋華川郡守、ベトナム参戦勇士など2000人余りが参加した。
この日開場式はハン・スンス国務総理の祝辞映像を含めて記念植樹、テープカットなどの手順で進行され、
参戦部隊旗掲揚と人気歌手の公演などの行事が用意された。

2001年から180億ウォンの事業費をかけて13万9788㎡に立てられた。
できるだけ訓練を受ける当時の姿をたくさん再現した。残っていた炊事建物をいかして3階建ての参戦記念館と
追慕碑、象徴塔、戦闘機、訓練体験場、内務班などを新たに作った。
またベトナム戦争当時ベトコンが地下に迷路のように作っていた通路と隠れ処、
‘グッチトンネル’が157mの長さで再現されて6軒のベトナム伝統家屋と武器製作所なども設置された。


非武装のベトナム市民を殺害する図

ベトナム市民を蹂躙・虐殺したバ韓国人の名前

                 ↓   
上記のバ韓人が虐殺したベトナムの市民の方のお名前


韓国が歴史教科書で教えるベトナム戦争
daum10月24日HN悪魔の涙の記述より

韓国軍が行くところベトコンたちは逃げまどった。韓国海兵隊は鬼を取る無敵の勇士たちだった。
韓国軍たちはベトナム戦争時、ベトナム市民たちに奉仕した。ベトナム戦争で韓国は経済を達成させた。
(抜粋転載ココまで)
=====

よくもこんな民族が地球上に存在するもんだと思う。
同じ「人間」カテゴリに入れていいのか?ったく(激怒)

朝鮮人は自分たちの悪業を謝罪せず葬り去ろうする一方で、捏造「慰安婦」への謝罪を求めてくる(激怒)
朝鮮人が引き上げの日本人を暴行した ↓「竹の森遠く ヨーコの話」は必読です!↓
朝鮮人が排除に乗り出す戦後の引き上げ物語「竹の森遠く ヨーコの話」概要・前編
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/e13fb451b910fb7bcdd796d6426ffc49


悲惨な戦争伝える「ヨーコの話」が朝鮮人に排除された話〜日本人引揚時の暴行殺戮と「二日市保養所」〜
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/45b3f282890b56ecabb0fb6d05c86cbf

をい!日本軍を糾弾する国々よっ!橋下じゃねーけど、日本だけ批難されるの、何故?
当時の状況を全部並べてみたら、日本軍は称賛されこそすれ、批難される謂われなしだっ!!!!!!

そして日本の子供たちに「日本は悪いことをした・戦争を反省しよう」と教え込むの禁止(激怒)

自虐史をぶっとばせっ!!!!!!!!!!!!

↓ 自虐史脱却にオススメ動画 ↓






【継続はチカラ也!時間があったら凸っちゃおう!〜デイリー3凸のコーナー〜】

↓ TPP反対 ↓
【再・集中抗議要請】百害あって一利なし!メリット不明のTPPに抗議しよう!「いつやるの?」「今…略」
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/b6b60742ce23598d5ed48127e9b1e3d5

↓ 通名禁止 ↓
通名のせいで、全ての犯罪が在日朝鮮人の仕業と思っちゃうの!濡れ衣は悪いから、通名禁止がいんじゃね?
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/064570544acf1461fb602160c83fea81

↓ スパイ防止法、はよ! ↓
支那朝鮮の「安倍政権転覆計画」に民主・社民・反日メディアが協力?「スパイ防止法はよ!」凸だっ(激怒)
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/272d45ec1b986427542fc2427afe9268



にほんブログ村 政治ブログへ
かけだし鬼女のツイッター【@migigimi】←みぎぎみ

スポンサーサイト

Posted on 2013/05/30 Thu. 12:01 [edit]

category: 反日勢力に激怒の日々

TB: 0    CM: 0

30

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://migigimi.blog.fc2.com/tb.php/67-264d13a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list