07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かけだし鬼女の 今が日本の一大事! ~よければ一緒に凸しよう!~

政治・経済・歴史オンチのかけだしが包丁とPC片手に、目指せ!凸と家事の両立!座右の銘は「国防は台所から」

カトリック新聞が「旧日本軍が司教を虐殺」と嘘の配信!殺したのは支那の山賊!訂正させろの凸を! 

↓ ランキングの応援、感謝してますっ ↓



=====

西村眞悟議員の「眞悟の時事通信」より憤怒の転載ですっ!!!!!!

今度はカトリック新聞、捏造と闘おう
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi

まことに憂慮すべき捏造が、カトリック新聞オンラインに掲載され、カトリック信者のネットワークを通じて、
まず、世界の全カトリック信者とカトリックの総本山であるバチカンが、
「日本人は残虐な世界の敵」だと認識し、次にそこから世界の全キリスト教徒さらに無数の良識のある人々が、
「日本人は異常な残虐性をもつ敵」だと思いかねない事態が進行している。
世界のキリスト教信者は二十二億人であり、そのうちカトリック信者は十一億六六〇〇万人であり、
良識ある人々はそれこそ無数である。
 
これは、今までの中国と朝鮮・韓国による、南京大虐殺と従軍慰安婦の捏造による反日プロパガンダに加えて、
日本人は西洋人の聖職者も殺戮していた人類の文明に対する敵だという強烈なプロパガンダを可能にする捏造である。

このことは、祖国日本を愛する女性(自衛隊佐官)から戴いた手紙によって、
靖国神社の参拝を終えた本日朝、教えていただいた。
彼女は、知人から、カトリック新聞に気になる記事が掲載されていると指摘され、知るところとなった。
彼女の了解を得ていないが、一刻も速く、諸兄姉に知っていただきたいと思い、ここに記すことにする。

1(文献1)、
April 11、2013(2013年4月11日)「カトリック新聞オンライン」
 
見出しは、「旧日本軍に殺された司教、列福へ一歩前進」
そして、
「2012年10月に行われた殉教75周年記念式典で、日本からのメッセージを代読する深水正勝神父(手前)」
との説明をつけたオランダでの追悼ミサの写真が掲載されている。
記事の内容は以下の通り
 
昭和12年10月に河北省のカトリック施設に日本軍が来て、施設内の200名の女性を引き渡すよう要求し、
それを拒否したオランダ人司教以下9名の宣教師を殺害した。
後日、日本軍の宣撫班のカトリック信者の将校がやってきて、追悼式を実施し、日本軍も参加した。
昨年2012年10月に日本カトリック司教協議会から派遣された司教が、当時の日本の行為を謝罪した。

2(文献2)、
1937年11月12日、26日の「Catholic Herald」
1937年11月23日の「The New York Tims」 

彼女は、カトリック新聞オンラインが伝える事件の日付けから当時の
「Catholic Herald」と「The New York Tims」の記事を調べた。
すると、全く逆の次の事実が報道されていた!

9人のオランダ人聖職者達は、中国の山賊に誘拐され身代金5万ドルを要求された。
日本軍は付近の地域一帯を徹底的に捜索して山賊を追い司教を救出しようとし、
地元自警団2000人も日本軍に協力したが、誘拐された聖職者は山賊に殺されていた。

この(資料2)の報道は、当時為されたものであり真実であろう。
しかも、事件から七十六年後の(資料1)の記事の奇妙な点も解決する。
この奇妙な点とは、日本軍将校が殺害された司教の追悼式を実施し日本軍も参加した、という点だ。
つまり、司教を殺害したのは中国の山賊であり、司教を救出しようとして懸命に付近を捜索したのは日本軍である。
従って、日本軍が追悼式を実施しそれに日本軍が参加したのである。

これが真実だ。
司教を虐殺したのは中国人である。
またしてもそれを日本人が為したと捏造され世界に流布されようとしている。誰が捏造しているのか。
とにかく、この明々白々の捏造を反転攻勢の梃子にして我が日本民族への侮辱を一挙に払拭しなければならない。

(転載ココまで)
=====

をおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお(激怒)

深水正勝神父とやらはカトリック高輪教会の神父らしいが
http://www.catakanawa.com/about/message/index.html

何故に「日本人が虐殺しました!」の捏造自虐史を拡散しようとしてんだよっ(激怒)

>カトリック信者は十一億六六〇〇万人

世界中のカトリック信者に「日本人が虐殺した」つう汚名がバラまかれる危機!!!!!
そしてそれを「日本人(なりすましか?)」神父が行ってる情けなさ(激怒)

これ、カトリック新聞オンラインで英語(?)発信されてるとしたら、
「Catholic Herald」と「The New York Tims」を調べた上で
配信元に外務省から訂正の働きかけをしてもらうべきじゃね?

こんな南京事件および売春婦謝罪するニダ!の二の舞三の舞のネタ、早いうちにぶっつぶすべき!!!!!

…もう配信されちゃってるって、マジ許せねえ(激怒)
許せねえけど、怒ってるだけじゃ日本軍の名誉は回復しないっ!
ことは英語なので、これは政府に、官僚に、日本の為に働いてもらいましょう!!!!

外務省 ご意見
https://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html
〒100-8919東京都千代田区霞が関2-2-1
電話03-3580-3311

岸田文雄外務大臣
〒730-0013広島市中区八丁堀6-3和光八丁堀ビル9階
TEL:(082)228-2411 (代表) FAX:(082)223-7161
〒100-0014東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第一議員会館1222号室
TEL:(03)3581-5111 (代表) 内線 51222
TEL:(03)3508-7279 (直通)
FAX:(03)3591-3118

鈴木俊一副大臣
〒020-0172 岩手県岩手郡滝沢村鵜飼字狐洞1番地432
TEL 019-687-5525 FAX 019-687-5565
〒027-0083 岩手県宮古市大通1丁目2番30号
TEL 0193-62-9247 FAX 0193-65-7424
〒028-6103 岩手県二戸市石切所枋ノ木63番6号
TEL 0195-23-3138 FAX 0195-23-3138
〒028-0061 岩手県久慈市中央3−29
TEL0194-52-7280 FAX0194-52-7286

松山政司副大臣
〒100-8962東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1124号室
TEL 03-3581-3111(内51124) FAX 03-6551-1124
福岡事務所
〒810-0001福岡県福岡市中央区天神3-8-20-1F
TEL 092-725-7739 FAX 092-725-7732
masaji-o@dream.ocn.ne.jp

阿部俊子大臣政務官
岡山県津山市川崎 162-5
TEL 0868-26-6711東京都千代田区永田町 2-2-1 衆議院第一議員会館 514 号室
TEL 03-3508-7136

城内実大臣政務官 お問い合わせ
https://www.m-kiuchi.com/support/inquiry/
〒433-8112 静岡県浜松市北区初生町691-1 
TEL 053-430-5789 FAX 053-430-5756
〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2 衆議院第二議員会館623号室 
TEL 03-3508-7441(直通) FAX 03-3508-3921

若林健太大臣政務官 ご意見ご要望
https://wakabayashikenta.com/contents/reference/
〒380-0935 長野県長野市中御所2丁目28-2
TEL.026-269-0330 FAX.026-269-0333
〒100-8962 東京都千代田区永田町2丁目1番1号 参議院議員会館621号室
電話番号03-3581-3111 (代)/03-6550-0621 (直) FAX03-6551-0621

自民党 ご意見
https://ssl.jimin.jp/m/contact
〒100-8910東京都千代田区永田町1-11-23
TEL:03-3581-6211 FAX:03-5511-8855

宗教法人 カトリック中央協議会(←カトリック教会の元締め)
東京都江東区潮見2-10-10
電話:03-5632-4411(代)FAX:03-5632-4453(代)

カトリック高輪教会
〒108-0074 東京都港区高輪4-7-1 TEL:03-3441-5556 FAX:03-3441-5545

凸凸凸 文例 凸凸凸

日本維新の会・西村眞悟議員によると、2013年4月11日のカトリック新聞オンラインに
昭和12年10月に河北省のカトリック施設に日本軍が来て、施設内の200名の女性を引き渡すよう要求し、
それを拒否したオランダ人司教以下9名の宣教師を殺害した。
後日、日本軍の宣撫班のカトリック信者の将校がやってきて、追悼式を実施し、日本軍も参加した。
昨年2012年10月に日本カトリック司教協議会から派遣された司教が、当時の日本の行為を謝罪した。
という内容が掲載されたそうです。
これに気づいた日本人が1937年11月12日、26日の「Catholic Herald」
1937年11月23日の「The New York Tims」を調べた所
9人のオランダ人聖職者達は、中国の山賊に誘拐され身代金5万ドルを要求された。
日本軍は付近の地域一帯を徹底的に捜索して山賊を追い司教を救出しようとし、
地元自警団2000人も日本軍に協力したが、誘拐された聖職者は山賊に殺されていた。
という全く逆の次の事実が報道されていたそうです。
つまり、司教を殺害したのは中国の山賊であり、司教を救出しようとして懸命に付近を捜索したのは日本軍である。
従って、日本軍が追悼式を実施しそれに日本軍が参加したというのが真実の筈なのに、
日本軍に虐殺者としての汚名を着せる内容が十一億六六〇〇万人のカトリック信者に配信されてしまったのです。

これを伝えたのがカトリック高輪教会の深水正勝神父という日本人というところが、問題を深刻にしています。

事実と異なる南京事件や慰安婦強制連行がどんなに日本の名誉を貶め、
中国、韓国によるユスリタカリのネタになったことを考えると、日本を貶める嘘は早期に訂正しなくてはなりません。

早期に1937年11月12日、26日の「Catholic Herald」
1937年11月23日の「The New York Tims」を調べていただき、
日本軍が殺害したということが事実でないならカトリック新聞オンラインへ訂正と
日本人が聖職者を救おうとしたことを記事にしてもらうように働きかけてください。

日本軍を貶める嘘を野放しにしないでください。


人気ブログランキングへ
かけだし鬼女のツイッター【@migigimi】←みぎぎみ
スポンサーサイト

Posted on 2013/04/24 Wed. 15:14 [edit]

category: 反日勢力に激怒の日々

TB: 0    CM: 0

24

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://migigimi.blog.fc2.com/tb.php/6-76e26575
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list