07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かけだし鬼女の 今が日本の一大事! ~よければ一緒に凸しよう!~

政治・経済・歴史オンチのかけだしが包丁とPC片手に、目指せ!凸と家事の両立!座右の銘は「国防は台所から」

【子宮頸癌ワクチンについて:part.1】日本で接種後567人が失神状態。海外では接種後の死亡例も… 

「ブログランキング」と「にほんブログ村」に参加しています!
ご来場早々お手数ですが、2種類の応援クリックをお願いします(土下座)

↓ ブログランキングはコチラ ↓


↓ にほんブログ村はコチラ ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

【お知らせ】
このエントリは一年前のものですが、
子宮頸癌ワクチンについてふたたび問題が指摘されてきていますので、再度日付を変えてアップします。
読んで頂ければその危険性がお分かりかと思います。

=====

子宮頸がんワクチン、接種後567人失神状態
http://www.asahi.com/national/update/0627/TKY201206270538.html

厚生労働省は27日、子宮頸がんを予防するワクチンを接種した後に、
失神を起こしたり意識がはっきりしなくなったりした女性が812人報告されたと発表した。
ワクチンの副作用ではなく、筋肉注射の痛みや恐怖によるショックが原因と考えられるという。
厚労省は、失神に備えて接種後30分は院内で安静にさせるよう医療機関に注意を呼びかけている。
子宮頸がんワクチンは、2009年発売の「サーバリックス」と11年発売の「ガーダシル」がある。
厚労省によると、812人は今年3月末までの報告数。このうち意識を失う失神状態になった人は567人、
さらに転倒して歯や鼻の骨が折れた人が51人いた。
企業の推計では3月末までの接種者数はサーバリックスが253万人、ガーダシルが31万人という。
失神を起こしたのは接種から15分以内が約9割を占めた。
厚労省は、接種後に歩く際には保護者や看護師らが付き添うことや、
約30分間は背もたれのあるイスに座らせることを徹底するよう求めている。
子宮頸がんワクチンは現在、国と市町村が中学1年〜高校1年の女子を対象に接種費用を公費で助成している。
来年度には、予防接種法に基づく定期接種となる見通しだ。
接種後の失神でひどいけがをしたら、公的な救済制度で医療費などが支給される場合もある。

2012年6月28日8時24分朝日新聞デジタル
=====

>ワクチンの副作用ではなく、筋肉注射の痛みや恐怖によるショックが原因と考えられる

ほんとー?????

今回子宮頸癌ワクチンに関して教えていただき、色々調べてたら、とりとめもなくなり、
なんとなんと引用が長過ぎブログ文字量オーバーとなってしまったので(汗)
2回に分けてお届けしようと思います。(2回目は近日アップできるかな?とりとめもなくて:汗)

とりあえず今回は子宮頸癌ワクチンの副作用についてお届けいたしますっ!

子宮頸癌ワクチン(wiki)
子宮頸癌ワクチンにはガーダシル(Gardasil)とサーバリックス(Cervarix)の2種類がある。
いずれも発がん性HPVの中でも特に子宮頸癌の原因として最も多く報告されている
HPV16型と18型の感染を防ぐワクチンで、ガーダシルは尖圭コンジローマの原因とされるHPV6型と
11型の予防にも効果がある。海外ではすでに100カ国以上で使用されているが、
日本ではサーバリックスは、2009年10月に承認され、
2009年12月22日より一般の医療機関で接種することができるようになった。
ガーダシルは2011年7月1日に薬事承認され、同8月26日に発売となった。
感染を防ぐために3回のワクチン接種が必要で、発がん性HPVの感染から長期にわたってからだを守ることが可能。
しかし、このワクチンは、すでに今感染しているHPVを排除したり、
子宮頸部の前がん病変やがん細胞を治す効果はなく、あくまで接種後のHPV感染を防ぐものである。

=====

「WOMAN. EXCITE」より抜粋転載!
国内初、子宮頸がんワクチン発売 自治体の助成も
http://woman.excite.co.jp/lifeplanning/news/rid_12966/

子宮頸がんは他のがんと異なり、発症原因が解明されています。原因は何かというと、
ほぼ100%がヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染ということです。
この発がん性HPVは、皮膚と皮膚(粘膜)の接触によって感染するウイルスで、
多くの場合、性交渉によって感染すると考えられています。
発がん性HPVは、全女性の約80%が一生に一度は感染していると報告があるほど、
とてもありふれたウイルスなのです。
このため、性行動のあるすべての女性が子宮頸がんになる可能性を持っています。

ワクチンの効果がどのくらい続くのか、追加接種が必要かどうかについては、まだはっきりとわかっていません。
今のところ、ワクチンを3回きちんと接種した人では、少なくとも6.4年間は、
HPVの感染を防ぐのに十分な量の抗体ができていることが臨床試験で確認されており、
少なくとも20年は効果が維持されると推計されています。

同社によると、国内では年間約1万5000人が子宮頸がんを発症し、約3500人が死亡しています。
また、20〜30代の女性のがんとしては、もっとも罹患率が高く、近年増加傾向にあるといいます。

=====

当然子宮頸癌ワクチンは子宮頸癌を防ぐためのワクチンですが(そりゃそうだ!)
ワクチンを厚労省と自治体が進める理由は
「子宮頸癌の発症原因が解明されてる」こと
「20〜30代の女性の癌としては、罹患率が高く、近年増加傾向」であることの模様だけど…

>ワクチンの効果がどのくらい続くのか、追加接種が必要かどうかについては、
>まだはっきりとわかっていません。

…雲行きが怪しい…効果も追加接種の要不要も分からないって!
臨床実験はどーなってんだ?ひょっとして十分なデータが得られてないままに見切り発車してんじゃね?
でその結果が冒頭の567人の失神じゃね?

そして同サイトによると

>ワクチンを接種したからといって絶対子宮頸がんにかからないというわけではありません。
>1年に1回の検診は受けるといいそうですよ。

ヲイ!!

確実じゃなく1年に1回の検診が必要なワクチンを厚労省自治体が進めるのは何故だっ!

で!日本では「失神」という症状が報告されましたが、海外では死亡者もいたっ(恐怖)

サーバリックスの犠牲者(抜粋転載いたします、全文はリンク先)

http://satouclk.jp/2012/05/post-44.html

1)エレノーさん Eleanor 年齢 12-13歳?
2008年10月、1回目の注射。数日後、胃痛で入院。急性虫垂炎が疑われたが、便秘のせいと言われた。
2008年11月、2回目の注射。その後数ヶ月に渡り胃痛。過敏性腸症候群(IBS)といわれ薬を服用したがよくならず。
2009年5月、3回目の注射。とても痛かった。かかりつけ医からIBSといわれ、落ち込んだ。
なんとか学校に行っていた。ひどく疲れるため校外活動が出来なくなっていた。
2009年9月になると水も食物も摂れなくなった。入院して調べたが異常無し。
胃潰瘍が疑われ除菌療法をしようとし痛みがひどくなった。原因がわからず、詐病、拒食症が疑われた。
吐血した。入院5週目からワクチンが原因でないかと疑われるようになった。クローン病が疑われた。
11月ごろから下痢をするようになった。2010年1月子宮内膜症が疑われ腹腔鏡検査が行われたが異常所見なし。
2月は痛みのため失神するようになった。下血あり、潰瘍性大腸炎の診断。
元気のいい幸福な外向的な子だったが、今は殻に閉じこもった子になってしまい、すっかり変わってしまった。

2)ブリアンナ Brianna 13歳
1回の注射のみ 2011年9月28日
2011年10月19日、ちょうど注射して3週間めから、吐き気がつよく、非常に体調が悪くなった。
学校にいっても熱が出て具合がわるくなって帰ってきて、フルタイムの授業を受けられない。
吐き気と悪寒、紅潮が続いている。検査では異常無し。腕と脚に痛みを間欠的に感じる。注射部位も痛む。

3)エミリー Emily 12〜13歳?
ワクチン接種:2010年10月、2010年12月、2011年5月
1回目の注射の3週間目に学校を休んでいる。
2回目の注射の3週間後から、嘔吐、発熱、悪寒、頭痛、筋肉痛と筋力低下、咽頭痛、激しい腹痛、
皮疹(顔面、体幹)、めまい、疲労感。慢性疲労症候群と診断されたが、右手、右足の知覚がなくなっている。
彼女は常に咽頭痛を訴え、しばしば、頭痛と腹痛を訴えている。
母親は「娘から命が流れ出してしまったようだ」と言っている。
ワクチン接種の3週間後から具合が悪くなっているが、
初め、3週間も離れていたために、ワクチンとの関連がわからなかった.

4)デボラ Deborah 13歳
2回の注射:2010年9月、2010年11月
(注射のあと)水泳をやっていたが、泳げなくなってきた。
腹痛で倒れた。急性化膿性虫垂炎ということで手術を受けたが、いっそう具合意が悪くなった。
杖無しでは歩けない。足を踏み出せない。関節痛、羞明を訴えている。
ワクチンのアジュバントに入っているアルミニウムが神経毒と考え、
ミネラルウオーターを毎日1.5リットル飲んでいるが、少しずつ良くなっている。

5)メリッサ Melissa
1回目の接種では無症状。
2回目の接種の直後、右の親指から始まってすべての関節が腫れとても具合が悪くなった。
動けなくなり全身に皮疹がでた。高熱を発し、発汗、嘔吐、ひどい頭痛、一週間眠り続けた。
若年性関節リウマチ(スティル病)(juvenile rheumatoid arthritis, Still's disease)と診断された。
3年間治療をうけていて、2年間学校に行っていない。

6)ローレン Lauren 12歳
2010年10月、一回注射
数日して肩が痛くなりはじめ、2、3日後には肘が痛くなった。全身に皮疹が出た。
若年性関節リウマチ(スティル病)と診断された。
プレドニソロン(副腎皮質ホルモン)を投与されたが、高血糖症(糖尿病)を発症した。
Anakinraを注射しなければならなかった。
学校を1年休んだ。友達から(ステロイドで)太ったことをいわれ、泣いていた。

7)ジェンマ Gemma 12~13歳?
3回の注射の次の日から、頭痛、めまいを感じるようになった。しばらくして視覚障害が現れた。
脳のMRIには異常がなかった。めまいは少し軽くなったが、頭痛がひどくなり、
学校から途中で帰ってくることがしばしばあった。頭痛のため学校にいけない日が週に1、2度ある。
ひどい頭痛のため、部屋に閉じこもるようになった。

8)ララ さん Lara 13歳
ワクチン接種 2008年10月13日、11月17日、2009年3月31日
2回目の注射の後、発熱、咽頭痛、頭痛、関節痛、著しい疲労感が現れた。
数週間かかって落ち着いた。3回目の注射のあと、高い発熱がし、歩けなくなった。
声が出なくなった.それでも3日何とか学校にいったが、そのあとは家にいるようになった。
彼女は光に非常に敏感になり、暗い部屋に座っているようになった。異臭を感じるようになり、
髪の毛が抜け、頭痛と肩の痛みがひどく。手足は思うように動かず、
座っているときバランスがとれない。体重が減少した。ララは悪夢の中で生きている。
慢性疲労症候群、筋痛性脳脊髄炎と診断された。

10)ルーシー Lucy 14歳
ワクチンの注射は、2009年9月21日の一回のみ。
翌日、喉が痛く、発熱し、声が出なくなった。注射部位も痛くなった。
その後6週間も声が出ず、関節痛、筋力低下が起こった。水泳の選手だったが、力が出ず、止めた。
2009年11月28日、激しい熱感のあと大量の発汗。激しく動悸がして、気をうしない、
手足が激しく痙攣した。血圧が200mmHg以上だったと言われた。
救急入院したが過呼吸のパニックの発作と言われた。実際には、彼女は歩けなくなった。
手脚の不随意運動があった。おそらく、慢性疲労症候群、筋痛性脳脊髄炎(ME)だろうと診断された。
車椅子で学校に通っている。アルミニウムを下げるためsilica-rich Volvic 1.5リットルを3月飲んだが、
もう必要ないといわれ、とても前向きな気持ちである。

11)ナタリー モートン Natalie Morton 享年14歳
2009年9月28日、ワクチン接種後、30分以内に死亡した。
病理解剖が行われ、両肺と心臓の近くに腫瘍(a tumor)があった。
何かの健康の問題で検査予定だったが、朝、家を出て学校いき、注射のあと帰らぬ人となったことは事実で、
この腫瘍のために死亡したとは考えにくい。この辺が議論になっている。
権威筋はワクチンとの関連を認めない。健康の問題があったなら、200%注射すべきでなかった。
(訳者意見:ワクチン接種により、アナフィラキシー型のアレルギー反応がおこったか、
あるいは血管迷走神経反射で血圧が過度に下がれば死亡することはありうると思う。
写真は、撮られた時期を考えねばならないが、健康そのものにみえる。)


12)アシレー Ashleigh
2008年10月15日、一回のみsecondary schoolで注射。30分以内に、ひどい頭痛がおき、うめき声をあげた。
その後、数日、ふらつきとめまいがあった。その後、脚に痛みを感じ、次の48時間以内に5回倒れた。
家族とロンドンに言ったとき、症状が悪くなり、Frimley Park 病院 に2日間入院した。退院記録には、
「めまいと全身の筋肉痛、おそらくワクチン接種によるもであろう。医師 Fisher」と書かれていた。
2008年10月24日、Alder Hey 病院に入院した。腕と脚に痛みがあったが、歩けなくなった。
2009年8月の状態:病院に入院中であり、尿失禁のためカテーテルが考慮されている。
尿路感染を繰り返している。歩行補助のフレームに掴って、数歩歩くのがやっとである。
このような症状が、ワクチンによるものと認める医師と、認めない医師との間で議論がある。

14)レベッカ
ここで問題になっていることは、関節痛はサーバリックスの副反応であることの明らかな証拠がある。
GSKも関節痛が副反応の一つであることを指示すべきである、ということである。
レベッカは軽い喘息があったが、トーナメントテニス選手であり、どんなスポーツにも関心を持ち、
また進んでワクチンを受ける少女だった。2回の接種を受けたとき、ひどい関節痛がおこった。
不幸にして3回目の注射をしてしまい、最悪の結果に陥ってしまった。
3回目の接種の時、松葉杖をついて学校にきていたのを目撃されている。
ひどい関節痛と、消耗がおこり、殆ど歩けず、車いすを使っている。
レベッカの2010年3月28日の現況は、殆ど病院で過ごしている。
彼女もまた慢性疲労候群および筋痛性脳脊髄炎と診断されている。最近視力障害が起こしている。
保健大臣は「これは不幸な出来事だが、純粋に偶然におこったものだ」
反対意見のジャワド医師は、レベッカと母親に会ったとき
「どうして3回目をうってしまったのか」と問うた。彼女の状態を遙かに悪くしている。

ガーダシルによる犠牲者の記録(コチラも抜粋転載!)
http://satouclk.jp/2012/06/post-45.html

1)カースティーさん Kirstie ニューヨーク 12歳
運動と楽器演奏が得意な少女
2007年4月23日1回目の注射。数週間後に腕、脚に皮下出血、サッカーやラクロスのせいだと考えていた。
5月29日2回目の注射。皮下出血がおこった。
6月17日、月経が10日続いた。
6月29日、遊園地で膣出血。30日も出血。
7月2日、血小板18000とわかる。血小板減少症の診断。
7月は血小板が減少し続けた。
医師は血小板減少症の原因はウイルスだとして、ワクチンとの関連を認めようとしなかった。
2010年も血小板が少ないため、サッカーやバスケットボールの試合を欠場した。回復してきている。

2)ブリットニー Brittney 年齢 ?
娘がガーダシルの副作用で苦しんでいる父親の怒りと苦悩の文章である。
ブリットニーさんはガーダシル注射のあと副作用が出て、歩くのに苦痛のようだ。
アレルギーで通院していた内科医がガーダシルを勧めたので射ったが、その進め方
(性行為でうつる、がんになるとか言って脅す)副作用について説明しなかった、
副作用が出た後ワクチンとの関係を認めない(心理的なものだと言った)、
苦しみに対して医師が関心を持とうしなくなったという態度に、怒りを爆発させている。
副作用の不十分な検討まま販売している製薬メーカーに販売の中止、
医師には誠実になって欲しいと訴えている。

3)テイラーさん Taylor 13歳 インディアナ州
彼女は1回目の注射のあと3週間目にけいれんをおこした。ガーダシルのパッケージには
「強いアレルギー反応のみられた場合には止めるように」と書かれている。
今ままでてんかんの無かったひとに、ワクチン接種のあとてんかんが現れたら
それはつよいアレルギー反応と考えるべきである。
しかし、彼女の受け持ち医師は全3回の注射をおこなった。
2007年8月の終わりに1回めの注射をした。3週間後にてんかん発作をおこした。
医師は、ワクチン接種がてんかんを起こしている可能性は無いと言い、あと二回も打ってしまった。
2007年9月8日、クロスカントリーのあとけいれん発作をおこした。
彼女のけいれん発作から2年後、友人のCaleighさんがガーダシルの注射のあとけいれんをおこした。
それで、事態が明白になった。3年半経た2011年になっても、けいれん発作をおこしている、
発作が全く予想がつかず、大好きなソフトボールゲームに、マネージャーとしても出られない。
偏頭痛と食物アレルギー(グルテン、乳製品、カゼインなどなど)に悩まされている。

4)サラさん 19歳 ユタ州
サラさんは成績優秀な学生だった。ダンスもやっていた。
大学から、HPV感染の危険性とガーダシルの利点について書かれたパンフレットを受け取った。
副作用については、注射部位の痛み、発赤、おそらく失神とあった。
健康診断のため医者のところに赴いたら、医者はガーダシルを受けるべきだと、頑強に説明された。
2007年1月、サラさんはインフルエンザのワクチンと一緒に、2回目のガーダシルの注射をした。
1週間後、サラさんは痛くて麻痺して、ベッドから起きられなくなった。
4時間後彼女のルームメイトが発見して、病院に駆けつけた。
白血球は殆どなくなっており、内科医の言葉では「免疫システムは根こそぎなくなっている」
ということだった。酷い慢性的な痛みと、疲労が続いている。
薬剤に非常に敏感になった。何もできず、ベッドに寝てるしかないことが何度もあった。
医師はVAERSに登録した。何度もMerckに電話したが、繋がったことがない。IHRC (保険会社?)は
彼女の症状がその診療所で射たれたワクチンの副作用によるものであることについて、
責任を取ろうとしないし、認めようともしない。

5)ブリッタニーさん Brittany 21歳 オハイオ州
2007年6月21歳のとき、家庭医から実験(lab)でうつったりするから、ガーダシルを注射するよう言われた。
医師は副作用は無いからと保証したので、HPV感染の恐怖から、医者は正しいだろうと受け入れた。
注射から6週間のあいだ、失神、ハンマーで打たれるような脚の痛み、けいれんを起こすようになった。
彼女は今までけいれんを起こしたことはないし、家族歴もないのである。
それでも、ブリッタニーさんは以前と同様に頑張っていた。8月までに2回目の注射をした。
10日後から、頭と顎が強く押し付けらるような感じがあったと思ったら、拷問のような脚の痛み、
筋力低下、手足と頭部のゴムのような感じと焼けるような刺される痛みがおこってきた。
ついには歩けなくなった。救急受診したり、有名な病院の専門医に診てもらったが「異常無し」であった。
彼女の友人が、ガーダシル注射後の、不可解な症状に苦しんでいる少女たちのことを教えてくれた。
吐き気とめまいと目のかすみで、ブリッタニーさんはコンピュータの文字を読めないのである。
後に、ある内科医から「3回目の注射をしていたら恐らく死んでいただろう」と言われた。
ブリッタニーさんは40人以上専門医に診てもらったが、幾人かの医師はガーダシルのせいでないかと聞くや否や、
彼女の症状は心理的転化だと決め付け、ある医療機関では、HPVワクチンの責めを聞くや否や、追い出された。
最終的には5人の医師から次の様に診断されている:
末梢神経障害、瞳孔散大と機能異常、両脚の末梢神経炎、内分泌低下、特発性てんかん、肝機能異常、
消化管異常、慢性ギラン バレー症候群様症状、ホルモン異常。3年半経った現在、
ブリッタニーさんの症状はよくなったり悪くなったりであるが、少し改善が見られる。
彼女はこの話をHPVワクチンで障害をうけたり亡くなったりした、世界中の人々に捧げたいと思っている。

6)サマンサ Samantha 15歳
2型糖尿病、花粉症、Blount病、多発性卵巣嚢腫あり出血を抑えるピルを飲んでいた。
2007年11月第1回目のガーダシルの注射したが、2、3時間以内に発熱と吐き気とひどい頭痛が起こり、
ほぼ3週間臥床せざるを得なかった。医師にインフルエンザワクチンがうまくなかったに違いないといわれた。
彼女はインフルエンザワクチンと同時にガーダシルの注射がなされたのだった。
ちょっと体を動かしただけで気を失うようになった。両足に力が入らなくなった。
2回目のガーダシルの注射のあと、足が痛いと泣いていた。両足とも末梢神経障害とされた。
彼女は何度も失神し歩けなくなった。そしてその後3日間頭痛がした。3回目のワクチン接種のあと、
失神するようになりった。ワクチン接種後の症状は、slurred speech、両脚の知覚欠損、
視力低下、周辺視野欠損、非常な疲れやすさ。筋力低下、筋肉痛、頭に霧りがかかった感じ、月経異常など。
最後にERを受診したのは2009年8月25日だった。それまで、下肢の麻痺でERを何度も受診したので、
小児科医のカスリーン サンティ医師を受診した。下肢の麻痺を診てもらいたかったのだが、
その医師は診ることを拒否した。そして、ERを受診しろといった。信じられないことだが、
医師は目もくれようとしなかった。サマンサは2003年から彼女の患者だった。これには私も怒った。
サマンサはワクチンする前も病気がちだったが、してもっと酷くなった。
ガーダシルは、インフルエンザワクチンと同時接種することは研究されてないはずだ.
私の娘は同時接種された。
ガーダシルだけの接種でもてんかんのような重い病気に苦しんでいる子供がいるのだが、
2種同時接種は彼女の体のシステムには重すぎた。私にはっきりしたことは、
サマンサのような病気の既往のある子は決してガーダシルを射ってはいけないということだ。
母親としてお願いしたいことは、若い人たちがこの有害なワクチンに傷つけられる前に、
誰か聞いて、何か行動して欲しいということだ。

=====

いずれも、ワクチン接種後、さまざまな症状が。
快方に向かってる方もいらっしゃるようですが、不幸にしてなくなられた方も。
いろいろなサイトをのぞいてたら、この死亡例に関して、
「ワクチンのせいではなく、もともと病状を持っていたから」いう意見もありましたが、
ワクチンを接種した直後に死亡してることから、ワクチンがきっかけになったと思わざるを得ない。

確実に子宮頸癌を予防できるわけじゃないものを接種し、
なくなられたり、健康を害された例が報告されているのに、

>まだはっきりとわかっていません。

てくらい臨床例も整ってない状況で押し進めるのは何故か??????

ってことを次回はお届けしたいと思います。

今回は「子宮頸癌ワクチンで副作用を起こす可能性、海外では死亡例もある、
なのに完全に子宮頸癌を予防できるわけではない」ちゅうことをお伝えしました。

にほんブログ村 政治ブログへ
かけだし鬼女のツイッター【@migigimi】←みぎぎみ

スポンサーサイト

Posted on 2013/05/17 Fri. 10:45 [edit]

category: 子宮頸癌ワクチン、イラネ!

TB: 0    CM: 0

17

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://migigimi.blog.fc2.com/tb.php/36-da263732
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list