07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かけだし鬼女の 今が日本の一大事! ~よければ一緒に凸しよう!~

政治・経済・歴史オンチのかけだしが包丁とPC片手に、目指せ!凸と家事の両立!座右の銘は「国防は台所から」

木下次官は「新潟支那領事館問題・下朝鮮スワップ・支那国債購入・防衛費大幅削減」に関わる国賊だったっ! 

「ブログランキング」と「にほんブログ村」に参加しています!
ご来場早々お手数ですが、2種類の応援クリックをお願いします(土下座)

*INポイントでランキングされます*
このブログ直接訪問→バナークリック→人気ブログランキング(にほんブログ村)に跳ぶルートがINポイント。
図々しいですが、お気に入り(ブックマーク)もしくは検索で訪問していただけたら幸いです(再び土下座)



↓ ブログランキングはコチラ ↓


↓ にほんブログ村はコチラ ↓
にほんブログ村 政治ブログへ
*にほんブログ村は一部の携帯に対応していないとのことです。

=====

おなじみ「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」さまより、
今巷で大人気!木下が「やっぱり」大国賊であるというエントリを転載いたしますっ!

敵の頭目は木下康司
http://ttensan.exblog.jp/19717523/

官房長官は増税へとお得意のメディアスクラムで
世論誘導をし続けているマスコミに釘を刺しています。

で、これに慌てたのが財務省、そしてその使いっ走りの議員達。
なによりも世論誘導しているマスゴミでしょう。

「増税決まったよ!首相は増税の意向を固めたよ!」
(情報源は架空なので抗議されたら困るから必ず匿名記事)
と煽りまくっているところに釘を刺されたわけですから。

で、さっそく時事通信がやってきました。

【安倍首相、来月1日夕に記者会見=消費増税と経済対策】
 安倍晋三首相は消費税率を予定通り、来年4月に5%から8%に引き上げる方針について、
10月1日午後6時から記者会見して正式に表明する。自民党幹部が25日、明らかにした。
首相は併せて、景気の腰折れを防ぎ、成長戦略を強化する経済対策を発表する。法人税減税をめぐり、
与党内に異論が残っており、政府・与党は首相の表明に向け、詰めの調整を急ぐ。
 1日はまず、政府が与党に経済対策のパッケージを提示。これを受け、自民党は税制調査会の会合などで協議する。
公明党も並行して党内手続きを行う。この後、両党の了承が得られれば、臨時閣議を経て、首相が記者会見に臨む運びだ。 
 一方、法人減税に関しては、東日本大震災の復興財源に充てる特別法人税の前倒し廃止に対し、
「企業だけ優遇するのは国民の理解が得られない」との反対論が与党内に根強い。
政府は代替財源を明示するなどして理解を得たい考えだ。
(2013/09/25 22:43 時事通信)

またしても「幹部が明らかにした」と
実在するのかどうかすらわからないソースです。

マスコミが「意向を固めた!」「固めた!」「固めた!」
と首相が何十回意思を固めたら気が済むのかと、各社輪番制で報じました。
で、今度は安倍首相がカナダに行っている間に
菅官房長官が釘を刺したら、
首相が国内にいないのを良い事に
「意向を固めた」から「決定済み」に話を勝手に進めています。

時間でわかると思いますが、
官房長官の発言が午前に有ったのにそれについては報じないで、
菅官房長官の発言が広まる前に、
「安倍首相が1日に増税を発表するんだよ!もう決定してるんだよ!」
という情報を先行させて押し流してしまおうという意図がはっきり見えます。
この時間に書いておけば全国紙も地方紙も26日の朝刊に間に合います。
そして自自のこの記事を引用して記事を書く事でしょう。
時事通信としてもそこが狙いなのですから。

私達は消費税増税反対の声をはっきりと出していきましょう。
抗議する先は地元の議員であり、官邸であり、
マスコミの広告主もそうでしょう。
しかし、最もはっきりと敵とすべきは
これら増税のための振り付けを指示している財務事務次官木下康司です。

木下康司は民主党政権で進められていた中国国債購入の話を
安住財務大臣の時に国際局長として進めていた当事者です。
そして主計局長として自衛隊の予算削減などの話を進めました。

中国大使館へ土地を売却しようと積極的に動いていた
新潟市長の篠田昭は木下康司の出身高校(新潟県立新潟高等学校)の先輩です。

今年の初めの新潟印刷工業組合の名刺交換会
での篠田市長の発言を引用します。
-----
また、財政出動に一番大事なポイントは、財務省が本当にやる気になるかどうかだと云うところです。
財務省の主計局長をやっているのが、今日も来ていますが、新潟市の国際部長の石塚さんの一年先輩という事で、
新潟から初めて主計局長が誕生したという状況であります。
そして、その財務省から、昨年末総選挙で、28歳で当選した方がいるというものです。
この方は、木下主計局長の遥か後輩で、おそらく財務省の若手代表として総選挙に出馬し、
見事当選されたのですが、この人は私よりも36年後輩という事になります。
このように、様々ないい人的配置ができているので、このネットワークを生かしていきたいと思います。
-----

ちょっと話を遡らせましょう。
民主党政権になってからの2010年に
中国大使が中国総領事館を新潟や名古屋にも建てるとして
広大な土地を取得しようという動きが問題となりました。

中国側が手に入れようとしていた名古屋の土地は
財務省が売却しようとしていたものでした。
この動きを時系列で並べると見えてくるものがあります。

2007年8月20日 王毅駐日大使が名古屋領事館を総領事館に昇格したと発表
2009年4月 名城国家公務員宿舎の入居者とその家族を城北住宅へと移転させる
2010年4月 東海財務局が取得希望の受付開始
6月 日本政府が中国政府側に売却可能なのが31000平米の区画であると説明
8月 中国側、説明された全ての土地を要求
12月 一万人の反対署名が集まるなどして東海財務局が土地の売却審査を延期

また中国側が財務省の土地計画を知っていて
呼応するように動いて話を進めていた事がわかります。
そして財務省が売りたがっていたこともわかります。

櫻井よしこ氏によると
当時民主党政権で中国側と交渉に当たっていた
財務大臣政務官の古本議員が
「確かに一出先機関が決めることではありません。従って経緯は大臣に報告し、了解を得ています」
と説明していたことが書かれています。

野田佳彦は財務大臣として土地売却に了承をすでに出していたということでしょう。

ここで【外国政府の不動産に関する権利の取得に関する政令】
(昭和二十四年八月十八日政令第三百十一号)
を見ると。
-----
(目的)
第一条  この政令は、外国政府の日本における不動産に関する権利の公正な取得を確保するため、
これに関する取引を調整することを目的とする。

(定義)
第二条  この政令において「外国政府」とは、財務大臣の指定した国の政府又は政府機関をいう。

(承認)
第三条  外国政府が土地、建物の全部若しくは一部又はこれらに附属する設備(以下「不動産」という。)を
取得(地上権の設定を含む。以下同じ。)し、又は賃借(使用貸借に基く借用を含む。以下同じ。)
しようとするときは、財務大臣の承認を受けなければならない。
-----

外国政府が日本で土地を取得する場合は
財務大臣が承認しなければならないとなっています。
従って財務大臣が拒否すれば外国政府への土地売却はできないはずです。

ゆえにこれを守る形で売却を進める場合は財務大臣の了承が前提になります。
前述の古本伸一郎議員の野田に了承を得ている旨の説明と辻褄が合います。

ではここで名古屋と同じく、中国が土地取得を目指した新潟のケースでは

2010年6月 新潟の万代島ビルの20階に中国総領事館開設
7月 王華中国総領事が泉田知事に新潟中華街高宗を提案
8月 中国政府が万代小学校跡地の買収を要求
9月 新潟市が中国総領事館移転について地元の自治会長へ説明
  万代小学校跡地売却のための測量開始
  新潟市が総領事館移転について地元自治会に説明会を開く
  総領事館について地元地域コミュニティ関係者へ説明会
10月 住民などの反対運動により土地売却に慎重な対応をするよう請願が出される
12月 篠田市長、「基本敵には売却する方向で動きたい、今は説明会を開催できる雰囲気ではない」と発言
2011年3月 新潟市議会が土地売却の白紙撤回や売却の強行をしないことを求めた請願を採択。
 (これにより新潟市による土地売却が実質不可能に)
2012年 中国政府が新潟で民間から5000坪の土地を購入したと報じられる


前述したように、外国政府への土地売却には財務大臣の承認が必要です。
従って民間の土地であろうとこの政令を適用すれば良いのですが、
当時の民主党政権は国会でひたすら
「民間での土地売買に政府は関与できない」と答弁を繰り返し、
この政令が無かったように振る舞い、
わざと中国政府にフリーハンドを与える事で土地売却話を支援しました。

さて、そろそろ木下康司について触れましょう。

こうした中国大使館による不必要に広大な土地の取得が進められた2010年。
木下康司は大臣官房総括審議官として財務大臣だった野田佳彦のお目付役になります。
(当時の財務事務次官は勝栄二郎)
そして勝栄二郎と同じく主計局組でした。

野田佳彦が勝栄二郎にべったりだったことは報じられてきたかと思います。
木下康司もまた勝栄二郎の腹心として
野田財務大臣を統制する側だったであろう事は想像に難くありません。

2011年に木下康司は国際局長に異動し、のちに主計局長になり、
今年の6月に財務事務次官に上り詰めました。

他方、財務省・日銀によって長いこと円高デフレ不況を維持され、
日本が円高デフレで国内では工場を維持できなくなって海外移転をしたり、
日本製品が海外で競争力を失うことで一番恩恵を得てきた国が中国です。

財務省におんぶにだっこだった民主党政権は金融緩和を拒み、
過度の円高には為替介入で10兆円以上ものお金を溶かして
仕事をしているフリをしているだけでした。

そして民主党政権で増税ばかりを進めた財務省ですが、
安倍内閣に変わってからも円高路線を維持しようと、
財務省と日銀の白川が抵抗し、日銀が安倍首相に屈服した後も、
財務省はなんとしても消費税増税をさせようとしている事は皆さんも現状で認識しているはずです。

今消費税増税を行えば、せっかく持ち直し初めてきていた経済をまた不況にたたき落とし、
さらにそれを利用して安倍を失脚させれば、
財務省と日銀の円高デフレ路線に正面から反対する指導者は
まずそう簡単に出てこなくなるでしょう。

少なくとも財務省の連中は自分達が円高デフレを長期的に維持し続けてきた事で、
どこの勢力が一番儲けてきたかなどわからないはずがありません。

こうした状況証拠を重ねていくと、
財務省が積極的に中国への売国路線へとのめり込んでいる
その姿勢が見えて来るのではないでしょうか?

木下康司の異動を追うと・・・。

2010年・財務省大臣官房総括審議官
 →中国政府への土地売却案件
(財務省の土地売却を野田財務大臣が了承していた)
(新潟市長は木下康司の先輩で交友関係あり)

2011年・財務省国際局長
(通貨スワップや為替介入等は国際局が担当)
 →野田首相の韓国への巨大通貨スワップ
 →安住大臣の中国国債の購入表明
 →無意味な巨額為替介入

2013年・主計局長
(予算編成の事務方トップ)
 →自衛官の補充人員数を10000人から280人に大幅縮小
 →防衛費1000億円増加を400億円に削減

これらにすべてに担当するセクションの実質トップでした。
そして現在は事務次官として消費税増税をさせようと暗躍しています。

こうして木下康司の動きを整理して見てみれば、
特に木下康司はそのまま逃がしてはならない
ということにご理解をいただけると思います。

木下康司を討て!
(抜粋転載ココまで)


をいっ!日本経済の復活を邪魔し、日本人の自殺者を増やす「デフレ期の増税」にひた走る、
財務省木下次官は、ほかにもいろいろ売国行為に加担してたのかよっ(激怒)

こーゆー売国官僚を駆逐する術がないっつー現状、どうにかならんかね?
彼奴らにゃ選挙の洗礼はない、一度中枢に潜り込んでしまったら、
あからさまな失策がないかぎり、追い出されることはない、
そして売国行為を満了した後は、美味しい天下り先に転属してウマー!ですか(激怒)

そんなん許されねえ!

>2010年・財務省大臣官房総括審議官
 →中国政府への土地売却案件
(財務省の土地売却を野田財務大臣が了承していた)
(新潟市長は木下康司の先輩で交友関係あり)

>2011年・財務省国際局長
(通貨スワップや為替介入等は国際局が担当)
 →野田首相の韓国への巨大通貨スワップ
 →安住大臣の中国国債の購入表明
 →無意味な巨額為替介入

>2013年・主計局長
(予算編成の事務方トップ)
 →自衛官の補充人員数を10000人から280人に大幅縮小
 →防衛費1000億円増加を400億円に削減

これに、この度の増税ゴリ推しかいっ!氏ね(激怒)

悔しくも選挙で落選の憂き目を見させることは出来ないから、
ワレラは木下次官の国賊行為を拡散し、国民から「国賊」の烙印を押され、
せいぜい肩身狭く生きて行っていただきたく候。

増税反対凸の際は、是非、木下次官を名指しで糾弾、よろしくですっ!!!!!!!!

自民党税制調査会メンバー一覧から凸先転載!
http://www24.atwiki.jp/free_nippon/pages/238.html

特に地元の議員がいたら、選挙区民であることを付記して是非!

***ちょっと実名でFAX送るのはコワイ…そんなかたには コチラ !***
無料&匿名でFAXがメアド1件につき1日2件「ネットから送れる!」サイト!!
http://www.myfax.com/free/  かけだしもFAXが自宅にないので、コチラ経由で送ってます!
*海外のサービスなんて、日本語文字化けの可能性アリ!かけだしは「PDF」で保存してから利用しています!
myfax の使い方はコチラ
http://rocketnews24.com/myfax/

↓ コメ欄より、自民党税制調査会メンバーのツルッとコピ-送信先をいただきました!メル凸に是非! ↓
町村信孝議員, 細田博之議員, 森英介議員, 山本有二議員, 石田真敏議員, 上野賢一郎,
宮路和明議員, 森山ひろし議員, 山本幸三議員, 西田 昌司議員

info1@machimura.net,h-hosoda@h-hosoda.jp,mori-info@morieisuke.com, mail@yamamotoyuji.com, isd-admn@lapis.plala.or.jp, info@uenokenichiro.jp,
info@miyaji-kazuaki.com, g08204@shugiin.go.jp, kozo-y@sirius.ocn.ne.jp,office@showyou.jp




野田毅議員 メール
http://nodatakeshi.com/%E6%94%BF%E7%AD%96/

【国会事務所】 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2 衆議院第二議員会館303号室
TEL:03-3508-7415
【熊本事務所】 〒860-0834 熊本市南区江越1-22-18
TEL:096-328-3550  FAX:096-328-1550
【玉名事務所】 〒865-0061 玉名市立願寺1020-1
TEL:0968-72-7300  FAX:0968-72-7292

高村正彦議員
【国会事務所】 〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第一議員会館701号
電話 03-3581-5111(代)内線50701、60701  FAX 03-3502-5044
【周南事務所】 〒745-0004 山口県周南市毛利町1-3
電話 0834-31-4715 FAX 0834-31-3297
【防府事務所】 〒747-0024 山口県防府市国衙5-11-4
電話 0835-22-0771 FAX 0835-24-3741
【山口事務所】 〒753-0052 山口県山口市三和町17-42-103
電話 083-924-5050  FAX 083-924-7866
【番町政策研究所】 〒107-00522 東京都港区赤坂2−2−21 永田町法曹ビル502
電話 03-3560-5575 FAX 03-3505-4411

町村 信孝議員 info1@machimura.net
【国会事務所】 〒100-8981 東京都千代田区永田町2−2−1 衆議院第1議員会館410号室
TEL:(03)3581−5111 FAX:(03)3502−5061
【厚別事務所】 〒004-0053札幌市厚別区厚別中央3条5丁目8−20
TEL:(011)896−5505 FAX:(011)896−8231

額賀福志郎議員
【国会事務所】 〒100-0014 東京都千代田区永田町2-1-2 衆議院第二議員会館824号室
TEL 03-3581-5111 内線70824 TEL 03-3508-7447(直通) FAX 03-3592-0468
【本部事務所】 〒311-3832 茨城県行方市麻生3287-32
TEL 0299-72-1218 FAX 0299-72-2691
【茨城町事務所】 〒311-3107 茨城県東茨城郡茨城町小鶴112-1
電話 029-219-2946 FAX 029-219-2940

衛藤征士郎 メール
http://www.seishiro.jp/contact/contact.html
【国会事務所】 〒100-8981 東京千代田区永田町2-2-1 第一議員会館1101号室
TEL 03-3581-5111 FAX 03-3595-0003
【本部事務所】 〒876-0883 大分県佐伯市池船町21-1
TEL 0972-24-0003 FAX 0972-24-1144

金子一義
【国会事務所】 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2 衆議院第二議員会館 913号室
TEL 03-3508-7060(内線7541) FAX 03-3502-5853
【高山事務所】 〒506-0838 岐阜県高山市馬場町2-33
TEL 0577-32-0395 FAX 0577-32-3189
【可児事務所】 〒509-0214 岐阜県可児市広見1-17 大晃ビル5F
TEL 0574-61-3288 FAX 0574-61-3258

佐田玄一郎 メール
http://www.sata-genichiro.jp/07.html
【国会事務所】 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2 衆議院第2議員会館424号室
TEL:03-3508-7001 FAX:03-3593-7277
【前橋事務所】 〒371-0018 群馬県前橋市三俣町1-29-11
TEL:027-232-6655 FAX:027-232-6713
【沼田事務所】 〒378-0053 群馬県沼田市東原新町1825-8
TEL:0278-23-7902 FAX:0278-23-8191

塩崎恭久
ツイッター https://twitter.com/yasu_shio
メール   shiozaki@y-shiozki.or.jp・・・・・エラーとなる
【東京事務所】 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第1議員会館 11F 1102号室
TEL 03-3508-7189(直通) 03-3581-5111(内線51102) FAX 03-3508-3619
【松山事務所】愛媛県松山市三番町4丁目7−19
TEL 089-941-4843 FAX 089-941-4894

中谷元議員 メールフォーム 
http://www.nakatanigen.com/modules/liaise/index.php?form_id=1

【国会事務所】 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2 衆議院第2議員会館1222号室
TEL:03(3508)7486 FAX:03(3592)9032
【高知事務所】 〒781-5106 高知市介良乙278-1 タイシンビル2階
TEL:088(855)6678 FAX:088(855)7005

林もとお議員
【国会事務所】 〒100-8981 東京都千代田区永田町2−2−1 衆議院第一議員会館612号
TEL 03-3508-7151(直通) FAX 03-3502-5016
【成田事務所】 自由民主党千葉県第十選挙区支部 千葉県成田市花崎町787-1 オバタビル3階
TEL 0476-24-4720 FAX 0476-24-4725
【銚子事務所】 〒288-0817 千葉県銚子市清川町4-1043
TEL.0479-23-1093 FAX 0479-23-0514

細田博之議員
メール   h-hosoda@h-hosoda.jp
ツイッター https://twitter.com/HosodaHiroyuki
FB     https://www.facebook.com/hiroyuki.hosoda.54
【国会事務所】 衆議院第二議員会館513号室 TEL:03-3508-7443
【地元事務所】 松江市堂形町881細田会館 TEL:0852-21-6455

村上誠一郎議員 メール   
http://sei-murakami.jp/contact/
FB    https://www.facebook.com/murakamiseiichiro
【国会事務所】 〒100-8981東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第一議員会館1224号室
TEL:03-3508-7291 FAX:03-3502-5172
【東予事務所】 〒794-0026愛媛県今治市別宮町2丁目4-20
TEL:0898-31-2600 FAX:0898-32-2391
【中予事務所】〒790-0001愛媛県松山市一番町1-14-10 井手ビル2F
TEL:089-931-1739 FAX:089-921-5262

森英介議員 メール mori-info@morieisuke.com
【地元事務所】 〒297-0016 茂原市木崎284−10
TEL:0475-26-0200 FAX:0475-26-0201

山本有二議員 メール mail@yamamotoyuji.com
【国会事務所】 衆議院第一議員会館316号室
TEL 03-3508-7232 FAX 03-3592-9069  
【地元事務所】 〒785-0036 高知県須崎市緑町4-54  
TEL 0889-42-0505 FAX 0889-42-6016

溝手顕正議員
FB     https://www.facebook.com/mizote.jimusho
ツイッター  https://twitter.com/mizotejimusho
【国会事務所】 〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館819号室
TEL 03-6550-0819 FAX 03-6551-0028
【広島事務所】 〒730-0017 広島市中区鉄砲町8番24号 にしたやビル4F
TEL 082-511-3450 FAX 082-221-6220

石田真敏議員メール isd-admn@lapis.plala.or.jp
FB  https://www.facebook.com/pages/%E8%A1%86%E8%AD%B0%E9%99%A2%E8%AD%B0%E5%93%A1-%E7%9F%B3%E7%94%B0%E7%9C%9F%E6%95%8F/593339197343271
【国会事務所】 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2 衆議院第二議員会館313号室

上野賢一郎議員
メール   info@uenokenichiro.jp
ツイッター https://twitter.com/Ueno_Kenichiro

【地元事務所】 〒526-0037 滋賀県長浜市高田町9番17号 第20森野ビル202
TEL:0749-63-9977 FAX:0749-63-9978

竹下 亘議員 メール take-w@takeshita-wataru.com エラーとなる 数年前から事務所に指摘するも一向に改善されず。
【国会事務所】 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2 衆議院第二議員会館901号室
TEL 03-3508-7619 FAX 03-3504-2842

宮路和明議員 メール info@miyaji-kazuaki.com
【国会事務所】 〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第一議員会館311号室
TEL:03-3508-7206 FAX:03-3508-3206
【伊集院事務所】 〒899-2501 鹿児島県日置市伊集院町下谷口1999-5
TEL:099-272-3190 FAX:099-272-2950

森山ひろし議員 メール g08204@shugiin.go.jp
【国会事務所】 〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第一議員会館515号室
TEL 03-3581-5111(代表) ・03-3508-7164(直通) FAX  03-3508-3714

山本幸三議員  メール yamamoto-office@seagreen.ocn.ne.jp
ツイッター https://twitter.com/yamamotogiin/
FB    https://www.facebook.com/yamamotokozogiin
【国会事務所】 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2 衆議院第2議員会館915号室
TEL 03-3508-7085 FAX 03-3501-9303
【北九州事務所】 〒803-0814 北九州市小倉北区大手町7-38大手町ビル101号
TEL 093-562-7070 FAX 093-562-7071
メール kozo-y@sirius.ocn.ne.jp

西田 昌司議員 メール office@showyou.jp
ツイッター https://twitter.com/j_shoujinishida
FB    https://www.facebook.com/shoujinishida
【国会事務所】 〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1110号室
TEL. 03-6550-1110 FAX. 03-3502-8897
【京都事務所】 〒601-8031 京都市南区烏丸十条上ル西側
TEL. 075-661-6100 FAX. 075-661-6900

中川雅治議員 メール 
http://www.nakagawa-masaharu.jp/contactus.html
【国会事務所】〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1参議院議員会館 904号室
TEL 03-6550-0904(代表) FAX 03-6551-0904

宮沢 洋一議員 メール
https://www.miyazawa-yoichi.com/contact.html
【広島事務所】 〒730-0017 広島市中区鉄砲町8-24 にしたやビル401
TEL. 082-511-5541 FAX. 082-221-8377

甘利明内閣府特命担当大臣 メール 
http://www.amari-akira.com/feedback/index.html
FB   https://www.facebook.com/profile.php?id=100004681394465
【国会事務所】 〒100-8982 東京都千代田区永田町 2-1-2 衆議院第2議員会館 514号室
TEL:03 (3581) 5111 内線)70514 FAX:03 (3502) 5087
【地元事務所】 〒242-0028  神奈川県大和市桜森 3-6-14
Tel :046 (262) 2200 Fax:046 (261) 8939

e-gov(内閣官房、財務省など)
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

首相官邸
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

財務省 ご意見
https://www2.mof.go.jp/enquete/ja/index.php
〒100-8940 東京都千代田区霞が関3-1-1 Tel (代表) 03-3581-4111

自民党 ご意見
https://ssl.jimin.jp/m/contact
〒100-8910東京都千代田区永田町1-11-23
TEL:03-3581-6211 FAX:03-5511-8855

凸凸凸 文例 凸凸凸

消費税の増税に反対です。
景気が上向きはじめたとはいえ、まだまだアベノミクスは始まったばかりで、
実際にデフレも国民の所得も改善していません。
デフレ状態で消費税を上げても税収が上がった例はありません。
むしろ、せっかく国民の消費マインドが上がりはじめたのに、
冷や水をさすことになり、アベノミクスの足を引っ張ることにもなりかねません。

まだまだ苦しい生活をしいられる被災地のみなさまにも
一律消費税アップというのも納得がいきません。

この段階の消費税増税で、日本経済の復活が妨げられることを危惧します。

増税は、明確に国民の所得改善が実感されるようになってから検討すべきです。


凸凸凸 文例 (財務省の木下さんへ)凸凸凸

木下康司財務省次官

増税に奔走されてると聞きましたが、アベノミクスを失敗に導く消費税の増税に反対です。

増税後は、自殺率も上がるとのことです、
日本経済復活を邪魔し、日本人を殺すおつもりでしょうか。

景気が上向きはじめたとはいえ、まだまだアベノミクスは始まったばかりで、
実際にデフレも国民の所得も改善していません。
デフレ状態で消費税を上げても税収が上がった例はありません。
むしろ、せっかく国民の消費マインドが上がりはじめたのに、
冷や水をさすことになります。

まだまだ苦しい生活をしいられる被災地のみなさまにも
一律消費税アップというのも納得がいきません。

この段階の消費税増税で、日本経済の復活が妨げられることを危惧します。

増税は、明確に国民の所得改善が実感されるようになってから検討すべきです。






【継続はチカラ也!時間があったら凸っちゃおう!〜デイリー3凸のコーナー〜】


↓ 薄汚いコリアンプロスティチュート像絶対阻止! ↓
米ミルピタス市で「慰安婦像」キターー!英文コピペ凸で、絶対阻止だっ(激怒)姉妹都市つくば市にも凸っ!
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/0ca3c03a3ea475faee810d45c3ce2349

↓ オリンピック誘致したなら、てめーのカネでやれっ(激怒)日本は、1ヲンも出すなっ ↓
下朝鮮・平昌五輪は日本へタカリ前提で誘致?!半島で開催不能の競技まで(呆)ふざけんなっ、絶対阻止っ!
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/cf09b515a6070db78cb4ba2d5b6926dc

↓ スパイ防止法、はよ! ↓
支那朝鮮の「安倍政権転覆計画」に民主・社民・反日メディアが協力?「スパイ防止法はよ!」凸だっ(激怒)
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/272d45ec1b986427542fc2427afe9268





にほんブログ村 政治ブログへ
かけだし鬼女のツイッター【@migigimi】←みぎぎみ


スポンサーサイト

Posted on 2013/09/27 Fri. 20:28 [edit]

category: 凸依頼&文例【望 拡散】

TB: 0    CM: 0

27

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://migigimi.blog.fc2.com/tb.php/213-95a65656
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list