07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かけだし鬼女の 今が日本の一大事! ~よければ一緒に凸しよう!~

政治・経済・歴史オンチのかけだしが包丁とPC片手に、目指せ!凸と家事の両立!座右の銘は「国防は台所から」

発表します!超私的・8月の課題図書は百田尚樹さんの「永遠の0(ゼロ)」に決定しましたっ! 

「ブログランキング」と「にほんブログ村」に参加しています!
ご来場早々お手数ですが、2種類の応援クリックをお願いします(土下座)

*INポイントでランキングされます*
このブログ直接訪問→バナークリック→人気ブログランキング(にほんブログ村)に跳ぶルートがINポイント。
図々しいですが、お気に入り(ブックマーク)もしくは検索で訪問していただけたら幸いです(再び土下座)



↓ ブログランキングはコチラ ↓


↓ にほんブログ村はコチラ ↓
にほんブログ村 政治ブログへ
*にほんブログ村は一部の携帯に対応していないとのことです。

=====

突然ですが発表しますっ!!!!!!!

超私的・8月の課題図書(←なんだコレ?)は、
本屋大賞に輝いた「海賊とよばれた男」の百田尚樹さんのデビュー作
「永遠の0(ゼロ)」に決定しましたっ!!!!!!



おめでとうございますっ!わーわー(←歓声のイメージ)

って、なんだよ?かけだしったら、急に?と訝しく思われるでしょうが、理由は単純です。

先日読了し、大感涙のち、未読の人がいたら、
「猛烈に推したいっ!」そう思ったからでーーーーーーーーっす!!!!!!

まあ、かけだしが推さなくても、もはや大ベストセラー!
そして映画化も決定し、更に売れること間違いなし!!!!!!!!!

だーけーど!まだ読んでないかたがいらしたら、それはもったいない!
そう思ったんで、ゴリ推ししますっ!読んだ方はスルーしてくださいっ!


まず、タイトルの「0(ゼロ)」これ、なんだと思います?????

第二次世界大戦でアメリカ軍を苦しめた、あの「零戦」のことなんですっ!!!!!!!!

零式艦上戦闘機
第二次世界大戦期における大日本帝国海軍の主力艦上戦闘機。
零戦(ぜろせん、れいせん。“ゼロ戦”とも)の略称で知られている。
海軍の艦上戦闘機としては実質的に最終型式で、日中戦争の半ばから太平洋戦争の終戦まで前線で運用された。
零戦は太平洋戦争初期、2200kmに達する長大な航続距離・20mm機関砲2門の重武装・優れた格闘性能を生かして
米英の戦闘機に圧勝し、太平洋戦線の占領地域拡大に寄与した。
このため零戦は米英パイロットから「ゼロファイター」の名で恐れられた。
しかし大戦中期以降には、アメリカ陸海軍の対零戦戦法の確立やF4UやF6Fなど新鋭戦闘機の大量投入、
日本側の多数の熟練搭乗員の戦死、後継機の開発の遅れによって、零戦に頼る日本海軍航空隊は劣勢に追い込まれた。
零戦は大戦末期には特攻や本土防空にも使用され、終戦まで日本海軍航空隊の主力戦闘機として運用が継続された。


周囲に一目置かれる凄腕の零戦乗りである宮部久蔵が、
なんとしても家族のもとに帰るという妻との約束に背き、
何故神風となって特攻し帰らぬ人となったのか。

久蔵の素顔を追う彼の孫が、久蔵を知る生き残った元日本兵の証言から、
久蔵は一体どんな人物であったのか、そして「臆病者」とも言われた久蔵が特攻した真相に、
断片的に、徐々に迫って行くという物語です。

そして同時に、あの戦争はどんなものだったのか、日本兵はどんな人たちだったのかも
浮かび上がってきます。

戦争の話をあまり聞いたことのないかけだしにとって、
英霊達がよりリアルに、そして身近に感じられたのですが、
日本の為に命をかけた多くの日本兵がかけだしよりも年下であること、
そして末期には、学生までもが神風特攻隊となって散って行ったことに改めて驚きます。

靖国神社の遊就館に、彼らの最後の手紙が、展示されています。

是非、靖国参拝の際には、遊就館で英霊達の声に耳を傾けてみてはいかがでしょうか?

…かけだしは涙を抑えきれず、人知れず涙を拭ったわけです、ハイ、ハンカチは必須です。ぐじゅぐじゅ(鼻水)

そして、遊就館には、零戦も展示されています。


工業的に遅れていると見なされていた日本が作った、伝説の戦闘機・零戦は、
その飛行距離の長さ故に、乗る人間の体力・集中力を無視した無謀な作戦をも可能にしてしまった。

「人間が乗って戦うことを想定して作られていない」「操縦者を守る弾除け鉄板無しの」零戦は、
敵国にはもちろん、日本兵にとっても、恐ろしい戦闘機だったのかもしれません。

「永遠のゼロ」では、カッコイイ、凄腕の零戦乗りとして描かれる久蔵の、そして彼が乗った「零戦」の最期、
どうか彼らの「永遠」の眠りが安らかなるものであるように願い大号泣したかけだしですが(←また泣いてる)

久蔵のような伝説の零戦乗りも、戦争末期・零戦の操縦術を短期で叩き込まれた学生も、
敵機を多く追撃した日本兵も、演習で失敗して命を落とした日本兵も、食料を断たれ孤島で餓死した日本兵も、
みんなみんな、日本の為に、そして家族を守る為に命を落とした英霊達であり、
父として、夫として、子として、兄として、弟として、日常生活を送っていた、普通の日本人だった。

そんな当たり前の事実が、より具体的に、
そして「国を、家族を守るということ」の意味が胸に迫ります。

作中に「特攻隊はテロリスト」という、大手新聞社に勤務するサヨクの言い分丸出しの新聞記者が登場します。

作者の百田さんは、物語を通して、
その「大手新聞社(つか、朝日?)」の言い分を全否定してくれています。

繰り返しますが、神風特攻隊はテロリストなどではなく、
父として、夫として、子として、兄として、弟として、日常生活を送っていた、普通の日本人だったのです。

終戦の日までに、靖国神社に参拝するまえに、是非読んで頂きたい一冊であり、
石田衣良がレッテル貼りする「右傾化エンタメ」の枠にとらわれない(笑)
日本人であるなら読んでおきたい物語です。


かけだしの祖父も、戦争に行きました。
生きて帰って来てくれたから、父が産まれ、かけだしも産まれた。

祖父が帰って来てくれたことに感謝すると共に、
日本に、家族の元に帰ることができなかった英霊達が
日本を護ってくれたからこそ今があること、
これを有難く思わずにこの国で生きていかれようか。

直接的・間接的に、日本人の命は脈々と繋がっている。

ありのままの戦争を、もっと私たちは知るべきだ。
なんのために、祖父たちが戦ったかを、自虐史ぬきに、知るべきだ。
日本には戦わねばならなかった、理由があるのだ。

存命中に戦争の話を聞かなかったこと、本当に後悔しています、
おじいちゃん。


【継続はチカラ也!時間があったら凸っちゃおう!〜デイリー3凸のコーナー〜】

【麻生太郎猛烈支持っ!】曲解・捏造で報道テロ!国賊カスゴミを、絶対に許すなっ(激怒)関係各所に凸っ!
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/387e17eff5d9eab69fd36520c0adccf1

↓ デフレ中の増税、猛烈ハンターイ ↓
デフレ状態で消費税を上げても税収は上がらないっ!経済復活の足を引っ張る、増税ハンターイ!の凸っ!!!
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/afbfcbda9a04dff1212f46f155bb2c82

↓ スパイ防止法、はよ! ↓
支那朝鮮の「安倍政権転覆計画」に民主・社民・反日メディアが協力?「スパイ防止法はよ!」凸だっ(激怒)
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/272d45ec1b986427542fc2427afe9268



にほんブログ村 政治ブログへ
かけだし鬼女のツイッター【@migigimi】←みぎぎみ

スポンサーサイト

Posted on 2013/08/09 Fri. 17:10 [edit]

category: かけだしの「オススメっ」

TB: 0    CM: 0

09

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://migigimi.blog.fc2.com/tb.php/161-59fb73cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list